転職サイトおすすめ

楽な仕事ランキング|正社員職種・業種

 

 

 

 

 

同じ仕事をするにしてもきつい仕事と楽な仕事があるのであれば、楽な仕事の方が良いと感じる人の方が多いでしょう。自分から進んで困難を味わいたいと言う人もいるにはいますが、選ぶことが出来るなら楽な方が良いと言うのが一般的です。このような視点から、仕事を探す際にどのような点に気をつければ楽なものを選ぶことができるのかについて考えてみましょう。

 

 

 

 

まず原則として言えることとして、自分自身の苦手分野ではないと言うことが重要です。例えば肉体労働がきつい仕事であると言う人もいるでしょうし、頭脳労働がきつい仕事と感じる人もいるでしょう。長時間勤務や肉体労働に靴を感じなくても、人間関係や気遣いなどに疲労を感じるタイプの人もいますし、逆ももちろんあり得ます。このような視点から楽と感じる仕事の特徴としては自分自身が苦手としていないかどうかという点が重要になってくると考えられます。あまり多くないかもしれませんが暇であることを苦痛に感じる人もいるのです。

 

 

 

 

あくまでも一般的な傾向であると言えますが、肉体労働に苦手意識を感じている人には事務仕事などが肌に合う場合が多いです。作業量は非常に多い場合もあり、肉体的に楽な種類の仕事ではないことも多いのですが、自分に合っていると感じられるのであれば身体的にも精神的にも楽であると感じることがあるでしょう。特に女性はこのような種類の仕事を希望する傾向が強く、給料面などの待遇があまり良くなかったとしても事務職を希望する人が多いのはこのためと言われています。

 

 

 

 

一方でコミュニケーション能力を重要視する種類の仕事を苦痛と感じる人にとっては、工場等のライン勤務が肌に合って楽であると感じられることが少なくありません。実際には非常に忙しい現場であることも多いのですが、そこには複雑な人間関係やコミュニケーション能力が必要ないことも多いのです。最低限守らなければならないルールを理解すれば、すぐにでも仕事をすることができると言う点において楽であると感じられる場合があります。このような仕事も人気のある仕事として位置づけられています。

 

 

 

どちらの仕事も絶対的に楽な仕事であると言うわけではありませんが、自分自身の性格や考え方に合っているのであれば楽であると感じることもある種類の仕事としては代表的な存在です。可能であれば楽しいと思える仕事を探すのが最も望ましいことではありますが、そうでない場合には自分に合っていると感じられる職種を可能な限り選択していくということが重要です。

 

 

 

 

 

一方で長時間勤務にならないことを重要視する人も増えてきています。これは職場の風土に関係している部分が大きいといえますのでしっかりと確認しておくのが良いでしょう。残業があるかないかと言う点については働く前に確認をすることもできるようになって来ていますので、あらかじめ確認をしておくことにより大変な仕事を避けることもできます。とは言えどのような仕事であっても人員的に十分な余裕を持っている場合ばかりではありません。限られた人数で最大限の効率を実現するということを重要視している場合が多いため、気をつけなければならない部分です。

 

 

 

 

 

 

まとめになりますが楽な仕事を選ぶ場合、その特徴として考えられるのは自分の性格や考え方、ライフスタイルに合っているかどうかと言う点が非常に大きな要素を占めることになります。そのためやってみたいと感じられたり興味を持てたりする種類の仕事であることを重要視しなければなりません。精神的に嫌であると感じてしまうような仕事であれば、実際の作業量に関係なく、大変な仕事であると感じられる場合も多くなります。このような特徴があると言うことを理解し、自分の仕事を自分で選んでいくということがとても大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事ランキング

 

 

 

 

 

 

ブラック企業というわけではなくても、現在の仕事が辛くてもっと楽な仕事に転職したいと経験は誰にも一度はあるものです。毎日の仕事が急がして九手疲れてしまっている、定員を大きく超過した通勤電車に揺られながらの通勤だけで身体はへとへと、こんな毎日を送られている方は、転職が現実的な選択肢になってくることでしょう。そこで今回は楽な仕事をランキング形式でご紹介します。尤も何をもって「楽」といえるのかは自分に合っていることが大前提です。転職を考えるなら職種と同時に転職前後の収入や拘束時間などをシミュレートして慎重に臨むことを忘れないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングの第一は「工場勤務」です。大手企業でも多い職種で、大人数が努めているイメージですが工場勤務はある意味は自己完結する作業です。工場で働くことはある意味、孤独との戦いでもあります。入社当初は各種の研修などがあるので集団活動の部分もありますが、スキルを身につけたあとは、一通りのタスクを一人で終始取り組むことになります。孤独と聞くと閑職のイメージもありますが、逆に言えば人間関係や人とのかかわりにストレスを感じる性格の方にとっては理想の職場のひとつと言えます。営業職のように顧客のもとへ営業にまわったり同僚と顔をあわせるなどが必要な会社員とは異なった特徴があります。反面生産性やノルマ・時間の制限など会社員とは異なる負担もあります。とはいっても最低限のノルマをこなせば、あとは自分のペースで作業を進めることができ、時間配分も比較的自由です。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングの第二位は「事務職」になります。事務職は簿記などの必要資格を取得しておけば、すぐにでも再就職のチャンスがあるので、楽な仕事の上位に位置づけられる職業です。汎用性の高い資格なので転職のときにも強い武器になってくれるはずです。ただし求人が出たときには迅速にエントリーするのが賢明です。それというのも事務職が比較的業務内容が楽、というのはインターネット上でも広がってしまっているため、人気が高い職種で求人数も減少傾向が続いているからです。4-5時間で毎日の業務が終了してしまう事務職は拘束時間も短く、営業職に比べれば仕事量も少なくなります。ただし企業の規模や業種によっては激務の場合もあるので、実際の転職活動にあたっては帰宅時間や残業の有無等を転職関係の口コミなどで確認しておくことが必要です。薄給なことが多いのはデメリットですが、長期間勤務すれば昇給も望めるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングの第三位は「法人向けのコールセンター」です。法人顧客向けのコールセンターは個人のクライアント向けのコールセンターに比べれば精神的負担も少なく、労働量もさほどありません。個人向けの場合は理不尽な要求を行なうクライアントも珍しくないことから、精神的に病んでしまい退職の憂き目にあうことは珍しくありません。これに引き換え、法人向けであれば相手も同じ営業している法人なので、紳士的で常識的な対応を期待出来ます。企業同士でとらぶるになっては互いに不利益になるので、話しも通じやすいという特性があります。確かに法人向けではそれなりのノルマを達成しなければなりませんが、顧客のクレーム対応に忙殺されることは無いので、精神的に高いストレスを感じることも少ないといえます。顧客企業の営業時間の都合もあるので、残業などの長時間労働もすくなく定時で終了するのが基本です。

 

 

 

 

 

ランキングかの第五位は「タクシー運転手」になります。薄給のイメージがつよいタクシー運転手ですが近年は人手不足の影響で平均年収は上昇するトレンドが定着しています。人間関係に悩むことなく自分のペースで仕事できることから楽な仕事の一つとして人気を集めつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事・正社員

 

 

 

 

 

 

世の中に楽な仕事はなかなかありません。それでも、正社員になれておすすめなのが工場勤務です。工場の場合、勤務時間はきちんと決められていて、時間になれば帰宅できるし、休み時間やお昼の時間もきちんと取ることができます。もちろん、多少の残業はありますが、近年は働き方改革が叫ばれていて、36協定で決められている範囲を超えるような残業はありません。有給休暇の取得も推奨され、組合に保護もされているので、休みもしっかり取ることができます。営業の様にお客様の都合によって、夜遅くなったり、休日に接待で出向かなければならないこともありません。決められたことを、決められた通りに決められた時間を働けば、十分に評価もされ給料もアップします。もちろん、その中で良い改善やアイディアを出していけば評価はさらにアップして出世も望むことができます。ボーナスがあるのはとっても楽しみで、さらにやる気もでます。

 

 

 

 

 

工場勤務の場合、夜勤もあって辛い仕事ではないかと思われている人が多いようです。そのため、募集があっても敬遠している人が大勢います。でもちょっと待ってください。募集要項の手当の欄をしっかり確認してください。夜勤手当はとってもお得で、昼間だけの勤務の人と比較したらお給料がだいぶ違います。夜は人も少なくなるため、責任持った仕事をこなさなければなりませんが、その分わずらわしさは少なくなります。昼に銀行や役所などの用事がある人にとっては、便利な勤務体系です。もちろん夜勤だけの勤務体系を取る会社は少なくて、シフトを組んでローテーションで交代して勤務するのが普通です。夜勤手当の他にも、夜食の補助がでたり、夜勤をしている人には健康診断も多くの補助が出るなど有利な面も多々あります。健康に自信があって、多くのお給料を望んでいる人は夜勤勤務を希望してみてください。

 

 

 

 

工場勤務は、手や足を動かして非常に忙しい仕事だと思われている人もいます。でも実際は、設備の監視作業や検査の作業が多いようです。昔と違って様々な機械が自動で動いて、製品を作ってくれるので、自分の手を使って組み立てるなどの作業はほとんどなくなってきました。設備の取り扱い方法と手順を覚えてしまえば、後は材料を供給するだけで設備が自動で製品を作ってくれます。何台もの設備があっても、操作方法が同じならば楽に管理ができます。

 

 

 

 

 

 

検査を担当する人も、近年は画像による検査装置が進んできており、細かく顕微鏡で検査する項目も減っています。微細な検査は画像装置が行い、人は照合検査や、機械ではできないファジーな部分の検査を行います。重欠点の検査は機械が行ってくれるので、精神的にも楽になっています。

 

 

工場の勤務は危険だと思っている人がいますが、非常に安全です。労災の発生については厳しく監視がされており、設備へのカバーや危険物質の管理や制限など、安全管理は徹底して行われています。安全衛生には必ず管理者を置いて管理していますし、消防署や労働基準監督署、行政も監査にきます。どんな仕事よりも安全と考えても良いでしょう。

 

 

 

最後に、工場勤務の環境ですが、製品を作る場合には温湿度管理が重要なため、工場内は年間を通して一定の温度に保たれている所が多いです。空調は厳しく管理されていて、夏は涼しくて冬は暖かいので、自宅にいるよりも工場で仕事をしている方が快適です。環境ISOの取得をしている企業も多いので、有害物質や廃棄物の管理も徹底されています。
このように、現代の工場は外から感じるイメージとは違って、非常に整備された労働環境となっているのです。
正社員になれる楽な仕事のベスト1は工場勤務でしょう。筆者のおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事についての記事はいかがでした。

 

 

 

もし求人を見つけるならおすすめのサイトはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事探し・転職サイトおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1

 

 

 

 

一般公開している求人・非公開求人含め・10万件以上の転職求人情報

 

 

 

※応募が殺到しすぎるお宝求人・企業戦略上一般公開できない重要求人・非公開にせざるを得ない魅力的な求人も多数)

 

 

 

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

 

 

 

求人の紹介だけではなく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポート

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

http://r-agent.com/

 

 

 

 

 

 

 

まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT

 

 

 

 

スカウト機能を利用すれば企業から直接オファーがくる場合もあり

 

 

 

 

 

リクナビNEXT・無料登録はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DODAエージェントサービス

 

 

 

 

 

転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した

 

 

専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、

 

 

万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス

 

 

 

 

 

 

DODA 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

https://doda.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア

 

 

 

 

 

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から

 

 

 

キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス

 

 

 

業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

http://pasonacareer.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXT

 

 

 

 

リクナビNEXTは転職者向け専用サイト・どんな転職求人があるのか調べてみたい方へおすすめ

 

 

 

職務経歴書作成・企業からの直接オファーがもらえるなど無料登録で使えるサービスが豊富

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXT・無料登録はこちら

 

 

 

 

 

 

https://next.rikunabi.com/

 

 

 

 

 

 

 

転職の相談ならリクルートエージェントがおすすめ・キャリアアドバイザーが全面サポート

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職サイトコラム

 

 

 

 

 

 

中には、転職しようと思った時に自己PRが苦手だと感じてしまう人もたくさんいますよね。ご自身のアピールポイントがわからなくて、いい感じに伝えられない人も少なくないですよね。
転職を扱ったサイトに設置されている性格診断用のシステムを活用してみたり、周りの方に尋ねてみるという方法も使えます。

 

 

そして、その会社に転職することができた場合、どんな風に役立てるのかもお考えください。

 

 

 

一般に転職に適する時期は、春や秋に求人を出す会社が増加します。また、勤続年数が2年以上あれば、すぐに辞めるだろうという悪いイメージを与えないでしょう。希望職種が決まっている場合、求人情報を確認する事はいつも忘れず、希望職種を見つけたら応募するといいでしょう。

 

募集の条件が、欠員が出た場合のみの職場は、タイミングを外さない事が難しいです。

 

 

まだ転職サイトを試したことのない方は、これを利用すれば求人誌やハローワークでは扱っていない情報を見付けることができるかもしれません。

 

それから、より効果的に転職を達成するためのアドバイスをもらうこともできるのです。

 

 

 

無料ですので、インターネットできる環境があるのに利用しないのはもったいないです。
新たな仕事を探す手段の一つに、上手に使ってみてください。スマホが生活に欠かせないあなたには、転職アプリを使ってみてほしいです。

 

気になる料金も通信料だけです。
面倒な求人情報の検索から、応募まで、超カンタンです!求人情報誌をあれこれ見たり、ハローワークに行くのが面倒だと思うくらいすごく楽だし、使いやすいです。ただ、どの転職アプリを使うかによって、ついている機能や使い方が変わってくるので、レビューなどで確認してください。

 

転職する際の志望動機で重要なことは、ポジティブで仕事への意欲が伝わるような内容です。
これまで以上に成長を可能とするとか、習得している能力を活かすことができそうといった仕事への積極性が具体的に伝わるような志望動機を考えてみてください。

 

その際、できるだけ、志望する会社の特長と合致するようなちゃんとした志望動機を分りやすく述べることが望まれます。よって、しっかりとした調査を行うことが重要でしょう。仮にUターン転職を検討しているなら、求人情報を集めるのに苦労することもあります。ただ、転職サイトであったり転職アプリを試してみれば、地元の求人情報を得やすくなるうえに、エントリーだって可能になります。
豊富な求人情報の中で自分に適した転職先へ行けるように、思いつく限りのツールはなんだってどんどん利用していきましょう。異業種への就職を考えた際、その人が飲食業界で働いている場合は転職するのが厳しいです。
飲食業界では整っていない労働条件で勤め方をさせられているという人が多く、不安な将来を思い描くようになり、転職を考え始めたという場合も多いです。

 

 

そのまま、なんらかの障がいを抱えるようなことになったとしたらより転職の受け入れ先はなくなってしまうでしょうから、元気のあるうちに転職活動をしましょう。ベストな転職方法といえば、今の仕事は続けながら転職先を探し、次の就職先が決まってから、今の会社を退職することでしょう。

 

退職した後に仕事探しを始めると、次の就職先が見つけられない場合、焦り始めます。
また、お金の面でも心細くなるかもしれませんので、退職する前に探すことがベストです。

 

 

 

あと、探すのは自分の力だけでなく人にアドバイスを求めてもよいかもしれません。転職する場合、履歴書の職歴欄には伝わりやすいよう整理して書く必要があります。
あなたの今までの業務の内容がわかれば、今必要としている役職で活躍できるか、人事も分かりやすく、採用のきっかけになります。

 

 

さらに、顔写真は意外と重視されるもので、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮影してもらったほうが、良いものになります。
万が一、書き間違いをしてしまった場合は、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。

 

 

 

異業種への転職を図ってみても、半年経っても転職先がみつからないというケースがあるでしょう。

 

歳をとってから転職を考え始めたのではないなら未経験でも転職に成功するチャンスはいくばくかありますが、30代からは年々ハードルが上がっていきます。

 

 

 

まあ、人手をいつも欲しているような業種に目星をつけているのであれば特に労働条件への拘りなどなければ異業種への転職も不可能ではないでしょう。一般的に、転職先を決めるために大切なのは、おびただしい数の求人の中から自分の理想に近い転職先を見つけ出すことです。

 

そうするためには、様々な手段で求人情報を収集しましょう。
中にはここだけの求人情報もあったりするので、いくつかの転職サイト又はアプリを使った方がよいでしょう。
焦って決めるのではなく悔いの残らない転職をしましょう。

 

転職のためにアドバンテージとなる資格もあることですし、取得してから転職するのも良い方法です。
異業種に就くことを目指すのであればなおのこと、経験したことがありませんから、志願者の中では不利な立場なので、その仕事をするのに役立つ資格を取っておくといいですね。

 

資格があれば絶対に採用を勝ち取るわけではありません。

 

転職先が決まりそうな目途がなかなか立たず、今の職場の苦痛に耐えきれず、うつ病になってしまうこともあります。もし、うつ病になると、治療には長い日数を見込む必要がありますし、生活費のことでもっと心配ごとが増えます。いざ転職の決心を実行すべく転職活動に手がけはじめると、もう自分にはほかの職場がないような光のささない感覚になって、自分の置かれた状況を客観視できずにすべてが暗闇に思えることも多くあります。

 

 

 

自分ひとりでなんとかしようと行動を続けずに、苦しみの初期段階で、専門の窓口で相談をしてみる勇気を出しましょう。新たに職を見つけるのなら、面接には派手ではない無難な服を選んで前向きに生きている方だと思わせるようにたち振舞いましょう。
聞かれそうなことはいくつかパターンがありますから、先回りし、青写真を描いておいて、端的にいえるよう練習しておいてください。
何と言っていいかわからなくなったり、後ろ向きなもの言いは好まれません。誠意のある風格を維持しましょう。転職に成功しない事もしばしば見られます。転職前より上手く行かなかったり、仕事量がふえても給料が変わらなかったり、職場のムードにとけこめない事もあるものです。

 

転職が上手くいくには、資料集めを十分に行う事が大切です。また、自らを売り込む力も必要なのです。
焦る事なくがんばるようにしてください。